サンキャッチャーのオンラインストアはここをクリック☆

サンキャッチャーとは

サンキャッチャー

サンキャッチャーとは

サンキャッチャーとは、風水クリスタルボール等によって作られる、開運インテリアアイテムです。

窓辺に吊るして、太陽の光を受けると、キラキラと美しい虹色の光がお部屋中に広がります。

美しい光に癒やされるだけでなく、太陽の氣(陽氣)を取り込むことにより、風水効果、運勢UPを望めます。

また、陽の当たらない所でも、玄関やトイレ等に吊るし、悪いエネルギーを散らすことにもお使いいただけます。

サンキャッチャーの歴史

現在日本では、サンキャッチャーは、すっかり開運・風水アイテムとして日本に定着しておりますが、実は元々欧米では、サンキャッチャーという名称は、クリスタルガラスやステンドグラスなど、日光を透過するような、窓辺に吊るすものの総称を指していました。(太陽の光を捉えるため、サン・キャッチャー。)

一方、風水で開運の為にこのようなクリスタルボールを使用する場合は、風水クリスタルボール、風水クリスタル、等と呼ばれて使用されていました。

日本でサンキャッチャーが、風水や開運のアイテムとして広く認知されるようになったのは、Crsytalightの風水サンキャッチャーが始まりです。

  • 2000年
    日本でサンキャッチャーの取り扱いを開始

    当時日本では、まだサンキャッチャーという名称自体が、ほぼ認知されておりませんでした。また、勿論、風水・開運アイテムを指すものでもありませんでした。

    クリスタルライトが、アメリカ西海岸のヒッピーより、ハンドメイドのサンキャッチャーを買い付け、東京の下北沢の実店舗Hado※1 にて取り扱いをはじめました。

  • 2001年
    風水アイテムとしてサンキャッチャーを初めて紹介

    アメリカのスピリチュアル・ショップ(sedona)での買い付け時、風水クリスタルボールを、サンキャッチャーと紹介しており、日本でもサンキャッチャーの名称で、風水グッズとして取り扱いをはじめました。

  • 2005年
    Australia Byron bay Crystalight 風水サンキャッチャー販売開始

    オーストラリア・バイロンベイのクリスタルキャッスルで作られていた、世界的に定評のあるCrystalightの【風水サンキャッチャー】と運命的な出会い、ショップにて取り扱いを開始しました。(風水サンキャッチャーは、1999年にデザインされています。)

  • 2006年
    Australia Byron bay Crystalight 風水サンキャッチャー各種イベント出展

    この時期より、オーストラリア・バイロンベイ(クリスタルキャッスル)Crystalight社より、我々クリスタルライトが日本総代理店となり、癒やしフェア、すぴこん、アースデイ、アースガーデン、他様々なイベントに出展し、段々と風水サンキャッチャーが知られるようになりました。

  • 2007年〜
    風水サンキャッチャーを全国展開へ

    Crystalightの【風水サンキャッチャー】を、また【サンキャッチャー】という名称を、大手展示会(東京ギフトショー)やネット等にて、大々的に紹介しはじめました。またこの頃より、沢山の取材(雑誌、書籍、ラジオ、テレビetc…)もあり、日本で広く認知されるようになりました。

    それらをきっかけに、サンキャッチャー = 風水(開運)として、サンキャッチャーという名称が広く認知されるようになり、日本独自のサンキャッチャーの現在があります。

MEMO
※1 Hado 東京の下北沢にて、各種スピリチュアルグッズやカリフォルニア・オレゴン等のエコグッズを扱うショップ(実店舗)。オープン当初より、カリフォルニアで買い付けしたサンキャッチャーも販売していました。

なぜ、風水サンキャッチャー?

なぜ、風水サンキャッチャーが生まれたかといいますと、先にも触れましたが、風水では、伝統風水でも現代風水(心易風水)でも、クリスタルボールを使い風水を改善する技法があります。

風水サンキャッチャーは、オーストラリア・バイロンベイ奥地の聖地にある、Crystalightが運営するクリスタルキャッスルにて生まれました。

Crystalightオーナーは以前からダライ・ラマ法王と親交があり、チベット仏教と縁が深く、チベット仏教発祥の心易風水(現代風水、コンテンポラリー風水と呼ばれます)のインスピレーションと、クリスタルヒーラーのDreenやSamadhiのインスピレーションによるデザインにより、風水サンキャッチャーを完成させました。

以来、オーストラリアは勿論、アメリカのセドナ等、世界中のスピリチュアルプレイスにて扱われてきました。

現在、クリスタルキャッスル(Crystalight)はあまりにも有名な場所となり、サンキャッチャーの制作が難しくなり、今後のサンキャッチャーの魂と制作を、同じ聖地に住んでいた、日本総代理店のクリスタルライトに託されています。